ミネラルウォーターの種類

ひとくちにミネラルウォーターと言っても、さまざまな種類があります。
現在、日本国内で販売されているミネラルウォーターは、500種類以上にのぼると言われています。
それぞれのミネラルウォーターに含まれているミネラルの種類・量や水の硬度なども実にさまざまですが、ミネラルウォーターをよく飲まれている方であれば、味や飲みやすさ、飲みにくさなど、ある程度の違いが分かるのではないでしょうか。

実は、ミネラルウォーターには4つの種類があります。
これは農林水産省が定めたもので、ミネラルの有無や製造方法の違いによって分類されています。
市販されているボトルにも表示されているので、購入の際の参考にしてみてはいかがでしょうか?

ナチュラルウォーター

特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、濾過、加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行っていないもの。

ミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、品質を安定させる目的などのためにミネラルの調整、ばっ気、複数の水源から採水したナチュラルミネラルウォーターの混合等を行っているもの。
※ばっ気とは、水を空気にさらし、液体に空気を供給すること。

ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルウォーターのうち、鉱化された地下水を原水としたもの。
鉱化とは、地表から浸透し、地中を移動中または地下に滞留中に地層中の無機塩類が溶解した地下水のことで、天然の二酸化炭素が溶解し、気泡性を有する地下水を含む。

ボトルドウォーター

上記以外のもの。原水が地下水でないもの。蒸留水など。

WEBでのご注文はこちら

お申し込みはこちら

21時までであれば当日、それ以降であれば
翌日に弊社担当スタッフより確認のご連絡をさせて頂きます。

通話無料!全国からご注文受付中です

WEBでのご注文はこちら

  • 富士山の銘水
  • 大分天領の銘水
  • 京都丹波の銘水

5タイプのカラーバリエーション選べるカラーサーバー

放射能について

参考コラム